What is CBDCBDとは?

CBD(カンナビジオール)は大麻に含まれる天然化合物で、大麻には113種類のカンナビノイドが含まれています。 最も注目すべきカンナビノイドはTHC(テトラヒドロカンナビノール)とCBDです。THCとCBDはほぼ同じ構造をしていますが、分子構造の重要な1つの違いにより、各化合物に独自の医薬特性(薬効成分)を与えます。

例えば、CBDはTHCとは異なり精神作用はなくハイになることはありません。代わりにCBDを摂取するとTHCの精神活性効果と戦うだけでなく、痛みを和らげ炎症を軽減するなどそれ以上の効果をもたらします。

CBDの利点を完全に理解するには、カンナビノイドが人体とどのように相互作用するかを認識する必要があります。CB1CB2と呼ばれる体内の2種類の細胞受容体は、エンドカンナビノイドシステムを構成しています。 これらの細胞受容体は 、消化管、中枢神経系、心血管系、免疫系などの重要なシステム全体に存在し、カンナビノイドによってのみ活性化されます。

したがって人体は内因性カンナビノイドと呼ばれるカンナビノイドを自然に産生し、CB1およびCB2細胞受容体と相互作用して、気分、食欲、痛み、睡眠などの基本機能を調節しています。

これが、CBDが人体で非常にうまく機能する理由です。CBDはエンドカンナビノイドであるアナンダミド「幸福分子」の分解を遅くします。基本的にアナンダミドは脳がリラックスしてストレスを感じないようにします。この天然合成物はあなたの気分を良くし、脳と体に素晴らしい効果をもたらします。